トピックス よくある質問 アクセスマップ お問い合わせ サイトマップ  
濃飛ファミリークリニック
岐阜県加茂郡川辺町で皆様の健康を守る
「濃飛ファミリークリニック」
総合内科(消化器・循環器・呼吸器)・外科・整形外科・
健診・人間ドック
 
クリニックのご案内 診療のご案内 各種検査 リハビリテーション 訪問診療 睡眠時無呼吸症
経鼻内視鏡

 


経鼻内視鏡(けいびないしきょう)検査とは

一般的な口からの内視鏡(胃カメラ)は、喉の奥にある舌のつけ根に内視鏡が接触するため、咽頭反射が起きて吐き気を催すことが多くなります。
これに対して経鼻内視鏡では、内視鏡が舌根に触れることなく消化器に到達するため、吐き気をほとんど感じることがなく検査を受けることができます。
また検査中でも医師と会話をすることができるので、安心して検査を受けて頂くことができます。
口からの内視鏡検査を受けた後に「もう二度とやりたくない」と考えていた人の90%以上が、「鼻から入れる内視鏡検査ならまた受けてもいい」と答えています。

胃や食道の病気は、早期に発見できればほとんど完治させることができますが、そのためには定期的な医療施設での受診が欠かせません。

これまでの胃カメラが苦手な方、胃の調子が気になる方はぜひご相談ください。


内視鏡とは?

内視鏡とは、外から見えない身体の中を、先端にレンズのついた管を差し入れて観察し、場合によっては処置・治療をする医療機器です。

高い頻度で観察や治療に用いられるのは消化管用の内視鏡です。使用目的としては、まず病巣(びょうそう)をさがすための観察があげられます。肉眼だけでなく、写真やビデオ画像による観察、顕微鏡で病気を診断するために必要な組織採取などが行えます。胃や腸などの管腔臓器(かんくうぞうき)の内側(粘膜)を観察するには、有効な検査といえます。

また、処置治療も行えます。病変部分の切除や止血、胆石などの砕石(さいせき)・採石、異物摘出(てきしゅつ)などが行え、開腹手術よりも肉体的・精神的負担が少なくて済みます。
このように、現在では内視鏡は単に患部を観察するだけではなく、組織採取、治療・処置ができるとても有用な道具となっています。

一方で、内視鏡検査による事故や、感染などが起こらないよう、医師が十分に技術をみがき、注意をおこたらないよう努力しています。そして洗浄・消毒など機器のメンテナンスなどにも十分な注意をしています。

【内視鏡でできる様々な処置】
内視鏡の先端にはレンズやライトなどの器具がはめ込まれています。
実はそのなかに一見ただの「穴」があります。どうして「穴」が必要なのでしょう。

この穴は鉗子口(かんしこう)と呼ばれ、鉗子チャンネルにつながっています。このチャンネルから様々な鉗子を入れることにより、内視鏡は「見る」器具から「処置や治療をする」器具へと変身することができます。組織を少し採ってくる組織採取(バイオプシ)、異物の摘出(てきしゅつ)、出血を止める、腫瘍の摘出、胆石の破砕(はさい)など病気の判断や治療・処置に役立つ器具、それが内視鏡です。


@組織採取
組織採取(バイオプシ)は、小さな鉗子(かんし)等を使って生体組織を取ることをいいます。この組織を顕微鏡で観察(病理(びょうり)検査)することで、組織細胞の形や異常などから良性・悪性の判断をすることが可能です。

組織採取の鉗子の先端はクリップのような形をしています。このクリップでしっかり組織をつかまなくてはなりません。しかし、あまり強くつかむと、組織や細胞が崩れてしまいます。これでは大切な組織診ができません。ほどよい力で組織を採取できるように加減され、また病理診断に十分な量の組織を採取できるようにカップに穴があいているものが開発されています。また、組織の目的部位を採取する際に滑らないようにぎざぎざした先端になっています。針付のクリップは狙った部位をしっかり抑えて組織採取するために開発されました。

鉗子のカップ部は組織をしっかり包み込むだけでなく、周辺は刃になっており、鋭い切れ味で組織を切り取りやすくしています。
細胞採取の場合は、細胞診(さいぼうしん)ブラシを使い細胞を絡め取ります。
鉗子の大きさは3ミリ以下の小さなものです。細胞診ブラシの直径は1〜5ミリ、長さも10ミリ以下です。



A異物摘出
身体のなかにある異物を内視鏡で探し、鉗子(かんし)で取り出す技術です。排泄が困難、体内にあることで苦痛を伴う、または危険な物質がある場合などに行われます。食道に刺さった魚の骨、子供が飲み込んでしまったコインやボタン電池を取り除くなど、内視鏡と鉗子を使って苦痛や危険から逃れることができます。


Bポリペクトミー
ポリペクトミーとは良性腫瘍を含めた隆起(りゅうき)性病変を切除・治療する方法です。ポリペクトミーを行う腫瘍は通常、茎や起始部の径が10〜15ミリ以内の小さなものです。また形態は隆起状のものが多く、一部は表面型の病変もあります。

高周波スネアと呼ばれるワイヤーを投げなわのように隆起物の根元にかけ、焼き切る方法と、ワイヤーを閉めて根元を壊死(細胞が死滅)させて自然脱落させる方法があります。高周波スネアで切除したポリープは、回収して組織検査することで、良性・悪性の判断や悪性度の判断が可能になります。

より小さなポリープやくびれのないポリープの場合は、クリップ状のホットバイオプシ鉗子(かんし)でつまんで切除することもあります。この鉗子は切除と止血が同時にできます。隆起の少ない場合は、局所注射用の注射針を使って、根元に生理食塩水等を注射し、ポリープを隆起させてから切除しています。





△このページのトップへ


クリニックのご案内診療のご案内各種検査リハビリテーション訪問診療睡眠時無呼吸症
オンライン診療マルチスライスCT経鼻内視鏡ファーストピアス禁煙外来
リンク セキュリティポリシー www.nouhifamilyclinic.com
COPYRIGHT(C) NOUHI FAMILY CLINIC. ALL RIGHTS RESERVED.